京都歩き①

年末年始の話です。
夫の実家に滞在中、1人で京都に出かけさせてもらいました。
電車で約20分で行けちゃいます。古都京都に!
我が家からは名古屋に行くのだって1時間はかかるのに!
ビバ実家☆


家族ではちょいちょい来るけど1人でなんて十年ぶりくらいだ〜
目的は、子連れでは行けない雑貨・カフェ・アンティーク屋さん等巡りたい。


そして1軒のお店に出会いました。


住宅街の一角の門の下に、小さな台とコーヒーカップが。
近づいて見ると小さな看板とメニューがひっそりと…
これってもしかして噂に聞く、京都的な長屋的な隠れ家的なカフェなの…?そうなの…?


思い切って門をくぐって、細い通路を進んだ後、また門があってくぐると
小さいけれどきれいに整えられた和のお庭と、その奥のお部屋の縁側に出ました。
その瞬間お店の人とパッと目があって、「どうぞ(ニコッ)」と案内していただき
今更もう引き返せないので、ドキドキしながら靴を脱いで上がらせてもらいました。


本当に普通に日本家屋のこじんまりしたかわいいお座敷です。
カウンターと、テーブルが1つ。
カウンターがお店感を出しているけれど、人のおうちにお邪魔しているような不思議な感覚です。


京都でしかもそんなお店となると、いかにも京都らしい、
とっつきにくいような張りつめた雰囲気、(失礼)
あるいはお客さんと店員さんの間に確固たる距離があることを想像していましたが
全然そんなことはなく、とても気さくな店員さんのお姉さんたち^^
入るの勇気が要ったでしょー、と言われました。本当にその通り(笑)
偶然見つけて入ったこと、喜んでいただきました。
歓迎してもらったかんじがすごく嬉しかったです。この京都で。(どんだけ京都に偏見)


おいしい珈琲(と書きたくなる)とお菓子をいただきながら
子どものことや京都や愛知のことなど、楽しくお話しました。
外は寒いし歩き疲れてクタクタだったから、ホッコリあったまった… 


お店の名前は「孫右エ門」さん。
同じお屋敷内のデザイン会社の方が経営されているそうです。
普段はご近所の人や、常連さんが多いそうです。
だろうなぁー いいな、常連さん。


いかにも京都ならではの、
とても素敵な空間を自力で発見できたこと、私の探究欲は大満足っ。全くの偶然だけどっ。

刺激的で、楽しい時間でした。



こんな細い路地を入って行く。


 

関連する記事
コメント
コメントする








   

           
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
           

Google